タグ: セルフリノベーション

小さなエリアで生きていく その4

write by 河村

―不動産から考える街の未来-

最近不動産の取引した顧客が面白い事を始めていた。

自分で中古住宅を買い、自分の力でリノベ―ション(床を張り替えたり、壁を塗り替えたり)して、webで集客し、お客さんに貸し出せたのだ。

その方はいわゆるサラリーマンで、投資のために行ったのですが「これは面白いな!」と感じた。

ミドリバシの動きが活発になってきたことで、私たちの周りには、まちで活動する面白い人が一気に増えた。

ところが今のところ、大垣で「うちの不動産使ってよ!」という声はまだ無い。

私たちが必死に探してもなかなか見つからない。

今後、『もっとまちが面白くなるためにどうしたら良いのかを考える人』を増やすにはどうしたらよいだろうか? 

例えば、個人で古民家を貸す前提でセルフリノベーションする人が増えれば、『リノベーションした建物に住む人』と『リノベーションした不動産を今後も使ってもらいたい人』が同時に2人以上見つかる事になる。 

不動産のオーナーは顧客を獲得するために、『楽しいまちにする』という事をもっと考えるようになるのではないだろうか?

自分のまちに沢山住んでもらいたい人は、まちがどうしたら面白くなるかを考えてくれる。

楽しいまちは、やがて住みたいまちになる。

そんな循環を起こせる不動産屋さんになれないだろうか?

京都旅行

write by 豊田

今回は京都旅行の思い出を書きたいと思います。

9月の4連休に友達と京都旅行をしてきました。これまで友達と旅行したことがなかったので、これが初旅行でした。

なぜ京都旅行することになったかと言いますと、上司の河村さんが京都にあるブルーボトルコーヒーというコーヒー屋さんに行った時の話をしてくださり、行ってみたいと思ったからという単純な理由です。

せっかくの4連休、京都まで行くのならブルーボトルコーヒーだけでなく観光もしたかったので、友達を誘って行ってきました。

ブルーボトルコーヒーは古い建物を改修して営業していて、建物自体にも魅力がありました。アメリカではスタバを超える勢いの人気があり、日本にはまだ店舗数の少ないコーヒー屋さんとあって、行列ができていました。

コーヒーは1杯1杯ハンドドリップで入れてくれるので雑味の少ないおいしいコーヒーが飲めます。私が飲んだ豆は苦みよりも酸味の方が強めのコーヒーでした。私は酸味のあるコーヒーよりも苦めのコーヒーの方が好きなのですが、おいしく飲めました。近くにあったらもっといろんなコーヒーを飲んでみたいのですが、、、ちょっと京都は遠いですね、、、

京都市京セラ美術館も見学してきました。

美術館のガラスの張り部分の外観や中大きい空間、の庭園等にはすごさを感じることができたのです、展示されているものは私にはよくわかりませんでした、、、

平安神宮にも行き参拝してきました。

天気も良く、空の青さと平安神宮の朱色がとても美しくいい写真を撮ることができました。

コロナの影響なのか人も多くなくて、ゆっくり写真撮影、参拝することができました。

他にも小学生ぶりに二条城に行ったり、たまたま見つけた店に入ってみたり、おいしいごはんを食べたり、いい旅行になりました。

私たちは今回の旅行で行く場所を全て決めず、2~3ケ所だけ決め、あとはその場で行きたい場所を決める方法で旅行したのですが、旅行はこの方式でするのがいいなと感じました。

滞在時間を決めたり、次に行く場所の時間がすべて決めていたりすると窮屈ですし、渋滞等どうしようもない状況になった時、全てが狂ってしまいます。

旅行はある程度の計画と余裕を持ってするのがいいなと初旅行ながら感じました。

今回はゴープロで撮影しながら旅行しました。帰ってから動画を編集し、いい旅動画を作ることができました。写真で残すのもいいですが、動画で残すのも最高だと思いました。

動画講座に通ったのがプライベートでも活かせてよかったです。

旅行もいいのですが、キャンプもいいですよね!

次回はキャンプした話を書きたいと思います。

Copyright © 2021 現代設計*スタッフコラム

Theme by Anders NorenUp ↑