タグ: 新型コロナ

料理日記『5時間に及ぶビーフシチュー作り』

write by 垣本

明けましておめでとうございます。

2021年初コラムは年末年始に作った料理について綴っていこうと思います。

年末年始の休みは家にいる時間が長かったのではないでしょうか。
僕もみなさんと同じように家にいる時間が長く、いつもと違った休みになりました。

そんな休み期間は料理をたくさんしました。
その中でも自画自賛した「ビーフシチュー」について綴っていきたいと思います。

“いやいやビーフシチューなんて、野菜と肉を鍋にぶち込んで煮込んでルー入れて終わりでしょ!”

と思われると思いますが、今回僕が作ったのは、ルーは使用しない完全手作りのビーフシチューです。

前日からレシピを見ながら手順をおさらいし、食材をメモして、翌朝買い出しへ出かけました。
今回入れるお肉は、「スネ肉」。
煮込み料理に最適でホロホロした食感を楽しみに、できる限りいいお肉を探し回って、やっと3件目のお肉屋さんで国産スネ肉を手にいることができました。

残りの野菜等を調達し、昼過ぎから料理開始。

 

まずスネ肉に小麦粉を塗し、塩コショウで下味をつけ、軽く焦げ目がつくように両面焼く。

無水鍋(ストウブ)にお肉、玉ねぎスライス、ニンニク3片、トマトカット缶、ローリエ、グローブ(ホールスパイス)、赤ワイン750mlを投入し、鍋に蓋をして1時間弱火で煮込む。

その後蓋を開けて3時間ほど弱めの中火で煮込み続けていく。

 

昼過ぎに始めたビーフシチューづくりも夕方になり、5時間程の料理過程を経て、最高の香りとシチューのとろみ加減になりました。
パセリをかけて出来上がり。

味はというと、牛肉が程よい柔らかさになり野菜と肉の出汁と赤ワインのコクが重なってレストランで食べるようなリッチな味になりました。

おうち時間が続く中で新たな楽しみを見出すことができました。
それと同時に次は何を作ろうかなーとワクワクしながらいろんなレシピを見ています。

新年あけましておめでとうございます

write by 奥村

今年はコロナで、旅行や帰省等を控えて、ご自宅で新年を迎えられた方も多いかと思います。
ご多分に漏れず、私自身も例年であれば旅行に出かけたり、親せきで集まったりするのですが、今年のお正月休みは自粛生活をしておりました。

いつもの正月とは違い少し寂しい休みでしたが、こうした自粛生活が永く続きますと、いわゆる「お家時間」と言われる、家での過ごし方にも変化が出てきているようです。
よりお家で過ごす時間を魅力的なものにするために、DIYリフォ-ムをしたり、バーベキュ-やガーデニングなどお庭での過ごし方を考えたりと、家での楽しみ方を今まで以上に考えることが多くなったのではないでしょうか。

そんな皆様にとって少しでもお役に立つかと思い、新春のセミナ-を開催いたします。
リフォ-ムや収納などお家時間を考えるヒントにしていただければ幸いです。
ぜひご参加いただければと思います。


 母屋と離れのリノベーション教室『間取りを作ってみよう』

  • 日時・・・1/21(木) 10:00~13:00
  • 会場・・・ennoieミドリバシ
  • 参加費・・1000円〈ミドリバシカフェ ランチ付き〉
  • 〆切・・・1/19(火) 17:00

コロナが一日も早く終息を迎え、新しい年が皆様にとって良い年でありますように願っております。本年もよろしくお願いいたします。

朝活ランニング

write by 奥村

11月21日ミドリバシで朝活ランニング教室を行いました。

パ-ソナル・トレ-ナ-の倉本さんを講師にお招きし、『ランニングで怪我をしないための正しい体の使い方』を教えて頂きました。

快晴の空の下、水辺での練習は凄く気持ちよく、足の筋肉をストレッチした後は、フォームチェックをしながら水門川周辺をランニングしました。

芭蕉記念館の住吉橋周辺は、紅葉も始まり秋の深まりを感じながら気持ちよく走れました。

ミドリバシ周辺の環境は本当に心地よく、運動するとなお体が浄化される思いがしました。

 

そこで感じた事は、地元の良さを認識するには、やはり地元の活動を通して感じる以外はない。

その場の良さを認識できる活動を促す事だと。

例えばここ水門川では船下りが年二回程行われていますが、なぜ年に2回だけなの?って思っている人は私だけではないと思います。

この場所の良さは歴史もある水門川を中心とする風景で、それを感じ取ることができるイベントはもっと回数を増やし、地域の行事にして良いと思います。

地元の人たちがその価値に気付かなければ、良さを発信することはできないのです。

地域資源を生かし、この素晴らしい大垣をもっと伝えていきたいし、地元の方こそが楽しめる場所にしていきたい。

そんな思いを強く感じました。

Copyright © 2021 現代設計*スタッフコラム

Theme by Anders NorenUp ↑