タグ: 面白い人

小さなエリアで生きていく その5

write by 河村

大垣市役所から『何か面白い事をしてほしい』と呼ばれた。

ミドリバシと通じてこの一年で本当に沢山の人と知り合い、一緒に『場』を作るという関わり方をしてきた。

カメラマンのNOMY、移動販売、猟師、お団子屋等マルチな活動を行う森島君、地域のさかやさんムトウ酒店、地域の設計事務所TABさん、料理家古田君、養蜂家広瀬さん、おうちフレンチ綾さん、などなど。

ようやく地域の役所から「面白い事が出来る人材」の一社としての認識がされたと思うととてもうれしい。

私達はまちの中に眠る素敵な場所、面白い環境に目を向けて活動してきたけれど、場所があるだけでは何も活動は始まらない。

やはり人にフォーカスする必要がある。

今後も『おもしろい人』をどんどん見つけていきたい。

料理家・古田君 レストランOIDA
移動販売・猟師・お団子屋さん マルチに活動する森島君
おうちフレンチ 綾さん
ミドリバシ ハロウィンナイト
カメラマンNOMY ライブ配信 
オオガキゲンカンフェスティバル ザ・ビール
オオガキゲンカンフェスティバル ザ・ビール  出店・運営 

小さなエリアで生きていく その4

write by 河村

―不動産から考える街の未来-

最近不動産の取引した顧客が面白い事を始めていた。

自分で中古住宅を買い、自分の力でリノベ―ション(床を張り替えたり、壁を塗り替えたり)して、webで集客し、お客さんに貸し出せたのだ。

その方はいわゆるサラリーマンで、投資のために行ったのですが「これは面白いな!」と感じた。

ミドリバシの動きが活発になってきたことで、私たちの周りには、まちで活動する面白い人が一気に増えた。

ところが今のところ、大垣で「うちの不動産使ってよ!」という声はまだ無い。

私たちが必死に探してもなかなか見つからない。

今後、『もっとまちが面白くなるためにどうしたら良いのかを考える人』を増やすにはどうしたらよいだろうか? 

例えば、個人で古民家を貸す前提でセルフリノベーションする人が増えれば、『リノベーションした建物に住む人』と『リノベーションした不動産を今後も使ってもらいたい人』が同時に2人以上見つかる事になる。 

不動産のオーナーは顧客を獲得するために、『楽しいまちにする』という事をもっと考えるようになるのではないだろうか?

自分のまちに沢山住んでもらいたい人は、まちがどうしたら面白くなるかを考えてくれる。

楽しいまちは、やがて住みたいまちになる。

そんな循環を起こせる不動産屋さんになれないだろうか?

Copyright © 2021 現代設計*スタッフコラム

Theme by Anders NorenUp ↑